すすんで学習に取り組む生徒 思いやりのある心豊かな生徒 けじめをつけて生活できる生徒
 
トップページ

阿賀野市立安田中学校
〒959-2221
新潟県阿賀野市保田4419番地
TEL:0250-68-3013
FAX:0250-68-5813
在籍生徒数 (令和3年4月1日現在)
学年
1年362965
2年444084
3年463076
合計12699225

【 過去のホームページ 】
旧ホームページ
  (新しいタブでトップページが開きます)
新着情報
2022.01.21

DSCN8617.JPG  DSCN8615.JPG

今日の給食では、安田の瓦ロードで養殖している「夢うなぎ」が調理され「うなたま丼」として、給食のメニューででました。

安田の風土・文化を活かし、 豊かな山から流れる澄んだ伏流水で育てた「うなぎ」です。きれいな安田の水で養殖されたうなぎは絶品でした。

 

2022.01.21

DSCN8614.JPG  DSCN8611.JPG

DSCN8609.JPG  DSCN8610.JPG

   今日の3時間目の数学では、チャイムと同時にタブレット開き、「チャイム学習」を行っていました。始業のチャイムと同時に教科担任のS先生が事前に準備した3問の問題を一斉に解きはじめていました。その答え合わせが終わるといよいよ授業がスタートするといったスタイルで学習を進めていました。3年2組では、私立高校を受検した生徒も多く、それぞれの入試日を控え、緊張感のある雰囲気で学習を行っていました。

   また、美術室では3年1組が、卒業記念品となる「篆刻」の作品を仕上げていました。それぞれが授業の中で、製作過程を評価するために、自身の「振り返り」を行っていました。どの作品もさすが3年生といえる立派な作品でした。卒業まで、あとわずか、悔いの残らない中学校生活を送ってほしいと思います。

 

2022.01.21

DSCN8607.JPG DSCN8602.JPG

DSCN8606.JPG DSCN8603.JPG

今日の2時間目は、理科室で1年2組が「音の世界」の学習で「ストロー笛」を作り、楽しく学習を行っていました。「どうして音が鳴るの?」と不思議がる子どもたちに、教科担任のU先生は 原理としては、切った部分が息で震える(共鳴)することによって、音が鳴るんだと説明されていました。

 ストローの細さや長さによっていろんな音が出ることから、子どもたちは夢中で学習に取り組んでいました。

 

2022.01.20

DSCN8585.JPG  DSCN8583.JPG

平成4年に旧前校舎(木造)が解体され、平成5年には現在の前校舎が建てられました。

令和4年を迎え、30年の時を経て、学校の外倉庫から「旧前校舎の大時計」が見つかりました。旧前校舎の職員玄関の上に取り付けられてあった「CITIZEN」の大時計です。

学校に通ってきているときは、気にもとめず当たり前に時間を知るためのものでしかなかったのですが、昭和の30年代から、数え切れないほどの時を刻み、安田中学校を見守ってきた大切な遺構です。現在、校長室に大切に展示してあります。

 

2022.01.20

DSCN8586.JPG  DSCN8588.JPG

DSCN8591.JPG  DSCN8587.JPG

今日の3時間目は、寒い体育館の中でも元気に1年2組の体育の授業が行われていました。

ボールを使ったパス練習のあと、実際にネットのはりかたを学習し、オーバーパスとアンダーパスのみの簡単なパスゲームを行っていました。

1年生の授業では、なかなかラリーが続きません。学年が進むにつれて、だんだんと上達し、ゲームも楽しくなっていきます。

バレー部の子どもたちも学級の仲間に親切に教えてあげながら取り組んでいる様子が見受けられました。とても心が温かくなる授業でした。

 

2022.01.19

DSCN8581.JPG  DSCN8582.JPG

昨年末から、前校舎のトイレの改修工事が行われています。前校舎は、平成5年度に旧木造前校舎から現在の前校舎に建て替え工事が行われました。

しかし、当時のトイレは「和式トイレ」だったため、トイレの老朽化とともに今年度は、28年ぶりに「洋式トイレ」へと改修工事をお願いしました。地元の設備会社さんが、毎日寒い中で工事に取り組んでくれています。新しいトイレがとても楽しみです。

 

2022.01.18

DSCN8572.JPG  DSCN8568.JPG

DSCN8570.JPG  DSCN8571.JPG

「小正月」を過ぎ、今週は降雪が続いています。体育館の瓦には、「氷柱」ができ、気温の低さを感じます。

五頭連峰もすっかりと雪化粧が施され、校地内にも除雪車が入って、業者の方がきれいに除雪をしてくれています。大変、有り難く感じます。

しかし、なかなか天候が不安定で、晴れたり、吹雪いたり、雨になったりと子どもたちの登下校も大変です。

厳しい冬が終わり、暖かい春の日差しが待ち遠しい日が続きますが、何よりも子どもたちが安全に、事故なく登下校できることを願います。

 

2022.01.18

新型コロナウイルス感染者が県内でも急速に増加し、現在、県独自の警報が発令されております。また、阿賀野市内や近隣地域でも感染が確認されております。感染の拡大状況を考慮し、本日から当校でも放課後及び土日の部活動を停止し、感染拡大の防止に努めてまいりたいと思います。今後の状況の変化によっては、対応を変更したり、延長したりする場合があります。何卒、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

1 部活動停止期間 令和4年1月18日(火)~2月3日(木)の平日放課後及び土日の部活動

2 その他

(1)日常生活では、引き続き感染予防対策(手洗い、手指消毒、3密回避、マスク着用)の徹底をお願いします。 

(2)少しでも体調が優れないときは、登校を見合わせ、医療機関へ相談・受診をしてください。

 

2022.01.18

DSCN8565.JPG  DSCN8566.JPG 

    地域で歴史ある安田瓦を製作している方から、学校に蛍の「校章」の入った特別な瓦を寄贈していただきました。ありがとうございました。数年前には、当校の70周年記念品としても、鬼の顔を形取った瓦の作品を製作していただきました。

   安田瓦は、江戸時代から作られ、雪国の気候に合わせた断熱と耐寒に優れた瓦だそうです。会津若松の鶴ヶ城の瓦にも安田瓦が使用されています。安田の瓦は、全国でも有名で原料の粘土は、地元の粘土を使用しているそうです。また、瓦に釉薬を塗り、千二百度で焼き、塩害や凍結にも強い力を発揮するそうです。

  地域の素晴らしい伝統を大切にしながら、子どもたちにも伝えていきたいと思います。安田には、まだまだ沢山の素晴らしい伝統文化があります。安田に誇りをもち、地域や社会に貢献できる人材育成を目指していきます。

 

2022.01.17

DSCN8559.JPG  DSCN8556.JPG

DSCN8557.JPG  DSCN8560.JPG

 今日の3時間目は、1年2組が音楽室で「箏」の学習を行っていました。小正月に合った音色が校舎に響き渡っていました。

 「箏」は、奈良時代に中国、当時の唐から日本に伝わり、雅楽の伴奏楽器として演奏されたのが始まりと言われています。 平安時代には貴族の楽器として使われ、「源氏物語」の中にも「箏」が登場します。

そんな伝統の楽器に直接触れ、演奏したり、熱心にレポートをまとめたりしながら授業を進めていました。